スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今日は材料が目白押し
2007-07-18 Wed 09:27
 昨日は、NYダウ株価が1万4千円台に乗せ、活気付いていますが、ドルは相変わらず戻ってきませんね。ただ、円は弱く、ポンド円もついに250円の大台に乗せています。欧州通貨・資源国通貨に投資しろということでしょうか。

 さて、今日は、米国6月CPI・コアCPI住宅着工件数、そしてバーナンキ議長の議会報告と、材料が目白押しです。

 CPIは、インフレの状況を見る指標です。この数字が低いと、インフレ懸念が薄れ、利下げ観測が出てくるので注意が必要です。また、住宅着工件数は、最近のサブプライム問題の行方を見るために重要です。そして、バ議長についても、サブプライム問題に対する見方に注目したいところです。

 ドルの巻き戻しを期待しています。


 左上のにほんブログ村 為替ブログへをクリックして頂けると、ブログ更新の励みになります。1日1クリック、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<今後のドルの行方は? | 大学院生のお気楽FX日記♪ | ドル全面安の背景とは?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。