FC2ブログ

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
相場の過剰反応は本当に怖い。
2007-07-28 Sat 16:03
 昨日は、日記を更新しないと事前に通知していたのにも関わらず、アクセス数が通常の3倍ほどありました。相場は大荒れでしたが、事の重大さがここからも見て取れます。

 さて、今日は予告していた本邦CPI・コア、米GDP、シカゴIMMについてコメントする予定でしたが、それより読者の関心ごとは「今後どうなるか?」に尽きるでしょうから、予定を変更して後者についてコメントしていきます。

 と言っても、考えがまとまっていないので、具体的な予測については明日か、遅くとも月曜日の早朝までに日記で書きたいと思います。


 今日の日記では、昨日の相場について振り返ります。

 昨日のドルは思ったより底堅く、予告したとおり「一夜限りの円買い」で参戦した身としては、ちょっと消化不良の感があります。ただ、それでも押したことに間違いありません。

 なぜ「円買い」で参戦したかというと、昨日の日記でも触れましたが、市場のセンチメントが明らかに変わった日は、ドテンするのがセオリーです。円を売っている人間としては心理的に不安定になりますし、相場は暴落に過剰反応します。こうなってしまうと、本当に流れが止まりません。それは、2月末の世界同時株安を経験した人であればわかりきったことでしょう。

 何度も言いますが、こういうときは、思い切ってドテンするしかありません。ヘッジファンドなどは、こういう状況のときは円を買っておけば絶対に儲かるということを知っていますから、全力で円買いでエントリーしてきます。もちろん、相場を知っている個人投資家なども、この日ばかりは全力で円買いをしてきます。

 そんな中、追証が発生している個人投資家が、ナンピンで円を売れるわけがありません。こういう流れになってしまったときは、円売り側は圧倒的に不利なんです。そして、この日ばかりは、「円を買う理由がない」とかいう理屈は残念ながら通用しないのです。


 明日、この続きをコメントしていきます。


 左上のにほんブログ村 為替ブログへをクリックしてもらえると更新の励みになります。応援よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<昨日の続き | 大学院生のお気楽FX日記♪ | 大変なことになりました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。