スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ECB利上げ見送り
2007-09-07 Fri 00:12
 サブプライム問題による市場の動揺がおさまらない中、世界の金融当局の動きが注目されています。

 ECB(欧州中央銀行)は「金融市場安定のため貢献する用意がある」と異例の声明を出し、今回の利上げを見送りました。

 このECBの決定は、日銀の金融政策会合にも大きな影響を及ぼすことでしょう。日銀としてもなかなか利上げをできる状況にはありません。

 そして注目されるFRBの利下げの可否についてですが、ベージュブックでは「経済全体への影響は限られている」と、利下げの必要性を否定しているようにも受け取れる内容でした。

 今日の為替相場は、米国株式に完全に連動しています。FRBの利下げは、円キャリーにとっては大きな痛手になるものの、米国株価を押し上げる効果があり、ドル円を大きく上昇させるでしょう。

 市場は依然として利下げ観測が強いものの、まだまだ不透明ではあります。よって18日に行われるFOMCは本当に注目されます。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<米雇用統計 | 大学院生のお気楽FX日記♪ | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。