FC2ブログ

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
金融当局の対応について
2007-09-11 Tue 10:49
 昨日、週初は「ギャップダウン→窓埋め」という、最近よくあるパターンでした。

 窓を一応は埋めたものの、欧州の銀行間レートが4年ぶりの高値になるなど、やはり金融市場全体が混乱し続けています。

 18日に行われるFOMCでの利下げは既に織り込み済みで、焦点はその下げ幅に移っています。0.25%は当然として、0.50%の利下げがあるとの意見が4割に達しており、利下げは確実視されているようです。

 個人的には0.50%の利下げには賛成しています。やはり金融当局が機動的に動くことが、市場の混乱を抑えるためには必要であり、日銀にもひとつ頑張って欲しいものです。

 日銀は市場との対話が最悪らしいですからね。詳しくはこちら


 にほんブログ村 為替ブログへ
 クリックしてもらえると更新の励みになります。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<FOMC待ち相場 | 大学院生のお気楽FX日記♪ | ドル円=112円でスタート>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。