FC2ブログ

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今、当局は何をすべきか
2008-10-08 Wed 00:49
みなさんこんにちは。

市場が大混乱に陥っています。
株価は日米とも節目の1万ポイント割れ。
為替もクロス円は強烈な円高で、ロスカットの憂き目にあった方も多いことでしょう。

さて、今日は、日米欧がとるべき金融政策について述べます。

金融システム安定化のために必要不可欠なものは、公的資金の注入しかないと、
この日記で何度も書いています。

しかしながら、
議会や国民の理解が得られない以上、それは少なくとも来春まで不可能です。

また、金融安定化法案については、抜本的な解決にはなっていません。
なぜなら、金融機関の損失(累計50兆円強)を穴埋めすることには繋がらないからです。

そして、値決めなども問題もまだまだ不透明であり、
実効性に大きく欠けるといっても過言ではありません。


今、当局ができることは、協調利下げくらいでしょう。
しかも、アメリカにとっては1回きりの、効果が未知数な、最後の切り札です。

週末のG7でも抜本的な対策が打ち出せない可能性が高いですし、
このまま、株価が下がるのを、じっと見つめることしかできないのか…。

今後の当局の動きに注目が集まります。


その他の情報はこちらを参照のこと。

にほんブログ村 為替ブログへ ←良かったら応援願います。
 
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 |
<<米、公的資金の注入へ | 大学院生のお気楽FX日記♪ | 総合経済対策について>>
この記事のコメント
(o´∀`o):.*こ゚::ん.。:ち..*.ゎ゚:..(o´∀`o)
足跡をたどってきました(⊃∀`* )エヘヘ♪
また、見に来ますね((w(^∇^)w))バイバーイ
2008-10-09 Thu 14:21 | URL | ピンク #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。