スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
G7 異例の行動計画
2008-10-14 Tue 20:15
みなさんこんにちは。

G7が無事に終わりました。
異例の行動計画が出されたことで市場が好感し、大幅な株高、円安となっています。
そして、この行動計画に則り、アメリカがついに25兆円程度の公的資本注入に乗り出します。

9月23日付の日記で、金融システム安定化のためには、
アメリカは少なくとも22兆円程度の公的資金注入を行うべきと述べました。

なかには150兆円とか、300兆円くらい必要と言っている方も見受けられますが、
とりあえず出血を食い止め、金融システムの安定を図るという意味では、今回の25兆円程度でOKでしょう。

もちろん、私が述べた22兆円という額は、「過去」の損失に過ぎません。
IMFが総計140兆円の損失が出ると推計しているように、
「将来」的には、さらに数十兆円の損失が出る可能性は否定できません。

よって、今後の実体経済や相場動向を注視していく必要がありますが、
ともかく金融システムが安定化したことで、しばらくは相場も安定することでしょう。
あとは、問題が実体経済に波及しないように、景気対策をしっかりやることが肝要です。


その他の情報はこちらを参照のこと。

にほんブログ村 為替ブログへ ←良かったら応援願います。
 
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<時価会計、一部凍結へ | 大学院生のお気楽FX日記♪ | 米、公的資金の注入へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 大学院生のお気楽FX日記♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。