スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
不良資産の買取断念
2008-11-14 Fri 00:25
みなさんこんにちは。

アメリカの金融安定化法案は、
金融機関における最大7,000億ドル(約70兆円)もの不良資産を買い取るために作られたものです。

、、、そのはずでした。

しかしながら、本来の目的である不良資産の買取を断念したり、
そもそも金融機関を救済するための法案であるのにも関わらず、
GMなど自動車業界に3,500億ドルも使おうとしています。

しかも、既に2,900億ドルは金融機関への公的資金注入に使われていますので、
残高は4,100億ドルしかありません。

GMは、政府の救済が無ければ年内にも資金ショートするといわれています。
株価も2ドルとか3ドルといった倒産寸前の水準にあります。

私は1年ほど前に、GMとメリルリンチは倒れる可能性が高いと話した記憶がありますが、
その考えは今でも変わりません。
何らかの形で、GMは消滅する可能性が高いと思います。

もちろん、仮にそれが実現すれば、雇用、実体経済への影響は計り知れないものがありますから、
オバマさんとすれば、絶対に避けなければならない難題と言えるでしょう。


その他の情報はこちらを参照のこと。

にほんブログ村 為替ブログへ ←良かったら応援願います。
 
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
BACK | 大学院生のお気楽FX日記♪ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。